成功のカギは回復期間

〈回復期間〉

ファスティングダイエットの成功のカギとなるのが「回復期間」です。この期間を上手に過ごすことで結果は大きく変わってきます。
では、回復期間はどのように過ごせば良いのでしょう。

まずは回復期間にあてる日数ですが、「実行期間」=「回復期間」とします。ファスティングを3日間行ったのであれば、回復期間も3日間必要となります。

そして、回復期間で最も大切なのが「回復食」です。ファスティングが終わったからといって、いきなりドカ食いをしてしまっては、せっかく落ちた体重はいとも簡単に戻ってしまいます。そう、リバウンドです。また、デトックスされた体内にも急激な刺激を与えてしまい、ファスティング前よりも体内環境が悪化してしまう恐れもあります。そうならないためには回復食に気を付ける必要があります。

まず、回復期間の初日は「ゆるめのお粥」にしましょう。油ものはもう少しガマンです。お粥はなるべく、ミネラル・ビタミンが豊富な玄米で作ったものが好ましいです。胃腸に優しいお粥でストップしている胃腸を少しずつ動かし始めましょう。お粥に酵素ドリンクをプラスしても良いですよ。
回復期間初日をお粥で過ごしたのなら、残りの日は油ものを避けた胃腸に優しい食べ物で過ごしましょう。うどんやにゅうめんなどがおススメです。消化の良い野菜や海草を入れて柔らかくして食べて下さい。

お肉は脂肪分が多いので回復期間はあまり食べてはいけませんが、筋肉が衰えないためにも、たんぱく質を補給する必要はあります。鳥のささみや胸肉・豆腐・大豆などで補うようにしましょう。

4日目からは普段の食事に戻しても大丈夫です。